確実に砂を出すには?貝の砂抜き方法

貝を食べるとき、気になるのが砂抜きの手間です。塩水はどのくらいの濃度?一晩おかないとダメ?いつも砂抜きに失敗してしまう!など、みなさんお悩みのようす。そのお悩み、うおポチマルシェが解決します!

お悩み① 砂抜きの塩水を作るのが難しい

砂抜きに適正な「海水程度の塩水」を毎回調べ、分量を測る面倒な作業。実はペットボトルで簡単に作れます!

海水程度の塩水の塩分濃度は3%ほど。水1リットルに対して塩30gを混ぜれば作れますが、毎回そんな量の塩水を作るのは大変ですよね。お手軽で覚えやすい方法は、500ミリリットルペットボトル1本分の水に、キャップ2杯分の塩この配分で塩水の準備はOKです。

お悩み② 砂が貝に残ってしまう

砂抜きをするとき、ボウルのような深い容器を使っていませんか?深い容器で貝を水に沈めてしまうと、下の方で水に沈んだ貝は窒息して死んでしまいます。

平たいバットなどに貝が重ならないように広げ、塩水は貝が少しだけ頭を出すくらいまで注いでください。水管が水の上に出る状態にしてあげるのがポイントです。

アルミホイルをふわっとかぶせ、冷暗所に2時間ほど置いて砂抜きは完了です。

お悩み③ すぐ食べたい!時短テクはありませんか?

買ってきてすぐに使いたいときは、「ぬるま湯洗い」がおすすめです。

50℃のお湯を用意して貝を入れ、5〜10分置いてください。口が少し開いたら貝を取り出し、冷水で振り洗いしながら砂を出します。水が濁らなくなるまで数回取り替えながら洗いましょう。

お湯で火が通ってしまわないの?と思うかもしれませんが、貝のタンパク質はだいたい65℃くらいから固まり始め、イノシン酸、グルタミン酸などの旨味成分が溶け出す温度も60℃〜と言われています。50℃のお湯では貝は仮死状態となるだけで火は通らず、旨味成分や栄養も身に保たれているため、その習性を利用した砂抜き方法です。

いかがでしたか?アサリやシジミ、ハマグリなど、だいたいの2枚貝で使える方法なので参考にしてみてくださいね! 

アサリのご購入はこちら